iPhoneでQi

iPhone8/8plus/Xが発表され、いろんな機能が発表されていますが、私にとってはなんといってもQi対応が嬉しすぎてひとりで盛り上がっております。

ついに、iOSデバイスにもQiの波が押し寄せてきました。私はiPhone5か、5sくらいの頃から、Qiアダプターを付けて使っているので、もう嬉しすぎてしょうがありません。iPhoneにはサードパーティのQiアダプターを付けて使っていますが、MFI認証された製品は皆無なので、iOSがアップデートされる度に使えなくなり、対応製品が出る、それを買う、また使えなくなる、の繰り返しでした。

iOSアップデートで使えなくなったQiアダプター達。これ以外にケース型のもある。
iOSアップデートで使えなくなったQiアダプター達。

私は家では2種類のQi充電器を使っています。

ひとつは、USB充電端子が5つ付いた卓上充電器です。

これは、Qi部分だけ取り外して、それだけで使うことも出来ます。

もともとは、これを使っていたんですが、Qi部分が壊れてしまったので、ただのUSB充電器として使っています。

これも使っていたのですが、場所を取るので使わなくなってしまいました。

もうひとつ使ってるのは、折りたたんで持ち運ぶ出来るタイプです。これは2つ買って家と会社で使っていました。

そして、普段はモバイルバッテリーを3つ持ち歩いてるんですが、そのひとつがQi対応になっています。

ベッド脇で寝る時に置いているのがこれです。

そして、車のスマホホルダーに貼り付けてるのがこれです。

Android用も買ってみましたが、この製品は供給電気量が少ないみたいで、充電してくれませんでした。

モバイルバッテリー型のQi充電器は、4800mAhなのですが最近は10000mAh以上のが出てきているので、買い換えようか悩み中です。