データ専用SIM

データ専用SIM

通話用SIMを日本通信からSo-netの「0SIM」にNMPし、それをnexus5に入れ、Android端末の通話アプリ標準機能であるSIPで、FUSION SmartIPフォンの設定を入れIP電話と2つの電話番号を使えるようにしたのは先日のエントリに書いたとおり。

そして、iPhoneに入れるSIMはこれまで通り2GB/月を3枚のSIMで共有するexcite SIMをそのまま使っていたが、どうにも2GBじゃ足りなくなってきた。 そして、3台の端末に入れている意味もあまりなくなってきた(iPad ProにSIMが入ってるのはすぐに通信が出来て便利だけど)。

そこで、以前から検討していたのが、「みおふぉん」でおなじみのIIJmioと、最近かなり評判のいいfreetel。将来的に私と妻の通話SIMは、みおふぉんでまとめちゃってもいいかなぁと思っていたのと、みおふぉんもSIMが3枚までだと追加料金なしでデータ量を共有出来るので検討していた。

もうひとつのfreetelは、SIMは一枚だがなんと4段階定額になっていて、1GB未満しか使わなかった月は500円ほどになってしまう。これならあまり使わなかった月でももったいないと思うこともなくなる。そしてfreetelはネットでの速度についての評判がすこぶる良かった。

というわけでトップ画像にもありますが、freetelのiPhone用使っただけSIMにしました。速度はまぁまぁです。まだテザリングでは使っていませんが、ターミナル中心の作業ではおそらく問題ないでしょう。

このまましばらく使ってみようと思います。