Windows10ェ

Windows10ェ

ゲームをやる時はコンシューマゲーム機ではなくSteamでやっているのですが、Windowsを起動するたびに出てくるこいつ。

うちのWindowsマシンは、元々は「rFactor」と「minecraft」専用機としてGeForce GTX 760を奮発して組んだマシン(それまではポリシーとしてビデオカードは1万円以下と決めていた)。しかーし、ここで問題が。うちのテレビ環境は地上波のアンテナとB-CASカードは引っこ抜いてあり、CS放送しか見ていない状態。最初はスカパーを見ていたが、すぐに機嫌を損ねて見れなくなるので解約して、ネットさえ繋がっていれば見れるひかりTVに変えた。ところがこれがなんとも曲者で、チューナーと番組が紐付いてるのでチューナーが壊れて交換になるとそれまで録画していた番組が見れなくなるというトンデモ仕様。なので、録画して見返したい番組はBDに焼いておかないといつか消えてしまう恐れがあるのだが、これを焼く手段というのがWindowsに接続したBDドライブで、「DiXiM BD Burner 2013」というアプリを使う以外にない。で、結局ポータブルBDドライブは2台買うはめになったが、アプリはAmazonのDLCで購入してWindows XPで使えた。OSがWindows7になっても問題なく使えていた(焼けていた)。

もうひとつ、ひかりTV+DiXiM絡みでは、ひかりTVをパソコンから視聴する「DiXiM TV plus」というのがあるが、これはiPadでも見れるしインテルのGPUを使う環境にすればWindows10にも対応しているし、Mac版のDTCP-IP対応DLNAクライアントもあるのでなんとかなりそう。

そして、そして、Windows10が出た頃からにわかに、DiXiM界隈で「果たしてWindows10に対応するのか?」という話が盛り上がり出した。結論としては、

  • DiXiM BD BurnerはWindows10に対応しない

というつれないものだった。なので、今後ひかりTVで録画したものをムーブするにはWindows7環境が無いと困るのだが、マイクロソフトはしきりに「アップデートしろ!」と言ってくるのであった。で、しょうがないのでWindows7をもうひとつ買って、Macの「Veertu」で動かしてそちらで焼こうかなと考えて「Veertu」のアプリ内課金をしようか悩んでるところ←イマココ

しかし、悲しいかな。Amazonでは「Amazon販売、Amazon発送」の安いWindows7 DSPが無くなった(一番下の「¥99,999」はなんだろ?)。

¥20,000くらい出せば買えるんだが、実はこのDiXiM BD Burner 2013というアプリ自体も2017/12/31を持ってAACSキーの更新が行われなくなるので、焼くこと自体が出来なくなる。そんなアプリのために¥20,000も出すのはなぁ…。

また、スカパー!に戻すか?